『情人結』

ヴィッキー・チャオ(趙薇)が主演の『情人結』(2005年)という映画を借りて見た。

邦題は『初恋の想い出』と言い、10月からラジオ中国語講座の応用編で題材として取り上げられている映画だ。

すれ違う男女の物語ということで、昔見たマギー・チャンとレオン・ライの『甜蜜蜜』(1996年)という映画を思い出す。

良い映画は、どのシーンも上手く作られているなと感動した。

ヴィッキーの演技は勿論だが、大掛かりなセットは何も使わず、この様な素晴らしい作品を作った監督に脱帽である。

映画の最後にバレンタインデー(情人節)のシーンが登場する。

ここで初めてこの映画の原題『情人結』が、同じ音の『情人節』の掛け言葉であることがわかる。

iTunes Storeは欧米の映画に偏っているが、アジアの映画もラインアップに加えて欲しい。

カテゴリー: 映画・テレビ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です