INGが不動産投資運用業務から撤退

米シービー・リチャードエリス、INGの不動産投資部門を買収 | ビジネスニュース | Reuters

オランダのINGグループが、世界中の不動産投資運用ビジネスから撤退するとのこと。

欧州、アジアそして上場している米国の不動産投資運用会社は9億4千万ドルでCBREに売却が決まり、その他の米国や豪州の運用会社の売却も検討中である。

INGは引き続きCBREが運用を引き継ぐファンドの投資家としては残るようだ。

マーケットからプレーヤーが続々と退出する中、ING REIMは数少ない生き残り組の様に見えていたので、一体どうした事かと思ったが、INGグループはリーマンショックの際にオランダ政府から注入された100億ユーロがコスト込みで75億ユーロ以上残っており、その返済が急務であるとのこと。

国の救済を受けるにあたって欧州委員会の許可を取り付ける際に、本業である保険と銀行業務に集中することを約束させられており、昨年もアジアのプライベートバンキングビジネスを、シンガポールのOCBCに売却している。

CB Richard Ellis to buy ING real estate arm | Stock Market News

蘭ING、年内に政府から注入された資本の大半を返済へ | ビジネスニュース | Reuters

どこぞの金融機関と違い、注入された公的資金をきっちり返そうというところは偉い。

カテゴリー: 経済 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です