マウスの生まれ変わり

先月大掃除をしていたら、壊れたマウスの保証書が出てきたという話をした。

マウスの保証書 – 天網快快

ロジクール VX レボリューション VX-Rというマウスだったのだが、半年前からホイールの調子が悪くなり、現役引退中であった。

VX-R

3年保証の期限が今年1月だったので、年末に量販店の修理コーナーに持ち込むと、既にこの機種は廃番になっており、後継機種との交換になる可能性が高いとのことであった。

願ったり叶ったりである。

先日電話があり、ロジクールのWireless Marathon Mouse M705rに交換となったので取りに来て欲しいとのこと。

LOGICOOL ワイヤレスマウス マラソンマウス Unifying対応レシーバー採用  M705r LOGICOOL ワイヤレスマウス マラソンマウス Unifying対応レシーバー採用 M705r

ロジクール 2010-07-23
売り上げランキング : 941

Amazonで詳しく見る by G-Tools

早速昨日取りに行き、自宅のMacで使って見た。

使い心地はVX-Rとほぼ同じ。3年使ったのにまた新品になるとは、ロジクールは太っ腹。有り難いことである。

ただし、ソフトウェアで1点問題が有るようだ。

私は英語版のAppleKeyboardを使っており、システム環境設定で『A』キーの左隣のcaps lockキーをcontrolキーに変えて使っているのだが、家族がそれぞれのアカウントでMacを使った後に私が自分のアカウントで使おうとすると、キーアサインが初期設定に戻ってしまう事だ。

これについてはロジクールに照会中である。

カテゴリー: パソコン・ネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です