キャプチャツール

先日NHKラジオ中国語講座のPodcastについてちょっと不満を書いたが、arip氏から「何故キャプチャツールを使わないの?」と聞かれた。

そのツールとは、NHKのWEBサイト上で放送の翌週にストリーミング配信されている音源をキャプチャし、MP3データにしてくれるというWindows用のソフトだ。

中国語だけでなく、英語やその他の外国語講座もキャプチャできる様になっている。

私がそのツールを知ったのは実は最近のことで、Macがメインであることからあまり気にとめていなかったのだが、先週Mac上の仮想Windows環境で試してみたところ、いとも簡単にMP3データを切り出してくれた。

私はその出来上がったMP3データをDropBoxフォルダに入れることにした。

ここに置いておけば、MacやiPhoneからも簡単に再生できると思ったからである。

iPhoneではWiFi接続は勿論のこと、SoftBankの3G接続でも問題なく再生することができた。

capture.jpg

インナーイヤーヘッドホンで聴いたのだが、もの凄く音質が良い。ラジオで聞くのとは大違いだ。

これがあれば、もうTalkMasterは要らなくなってしまう

NHKはこのツールの存在をどう思っているのだろう。

あえてツールの名前はここには書かないことにした。

カテゴリー: パソコン・ネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です