caps lockキーを殺したい

ロジクールのUnyfing対応のマウス『M705r』をMac OSX10.6(英語キーボード)で使い始めたら不具合が出るようになった。

英語版のAppleKeyboardを使っているので『A』キーの左にあるcaps lockキーをcontrolキーとして使う為に、修飾キーのアサインの変更をしているのだが、ログインする度に初期設定に戻ってしまう。

ロジクールの『Logicool Control Center』という環境設定パネルが悪さをしているのではないかと思い、同社にメールを打ったところ、次の様な返事が来た。

当マウスは、LCC(Logicool Control Center)をインストールして頂かなくても、通常のマウスとしてご利用頂けます。LCCにて、ボタンのカスタマイズ等をして頂いていない場合は、LCCをアンインストールしてお試し下さい。

何とも情けない返答だ。

ボタンのカスタマイズはしていないので、バッサリとLCCをアンインストールしてみたが、キーアサインを変更しても、ログインする度に初期設定に戻ってしまう。

どうしたものか。

カテゴリー: パソコン・ネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です