十二支

USPS.jpg

米国の郵政公社
が、2008年から十二支にちなんだ記念切手を毎年発行しているという。

今年は『卯』で、たまたま『USA』という表示が『うさ』と読めるので朝日新聞が話題にしている。

asahi.com(朝日新聞社):ハッピーUSAぎ年、米でも記念切手 – 国際

ところが記事の中で、「米国では干支や旧暦を使う習慣がある中国系やベトナム系移民も多く」というところに引っ掛かった。

ベトナムの十二支では、今年はウサギ年ではなく、ネコ年だからだ。

こちらのサイトによると、チベット、タイ、ベトナム、ベラルーシの一部では、ウサギの代わりにネコが十二支に入っている。

ベトナムの場合は、牛の代わりに水牛、羊の代わりに山羊と、更にローカライズされている。

まあ日本でも『亥』が豚ではなくイノシシになっており、他の国を笑えない。

それにしても、中国で2000年以上も前に作られた十二支が世界中に影響を与えているのが面白い。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です