自炊の森

大掃除をしていると、部屋に積み上げられた沢山の本をどうにかしたいと思う。

年末年始の休みを利用して自炊(自分で書籍をスキャンして電子化すること)に励んでおられる方もおられよう。

自炊をする為には、スキャナ断裁機が必要だ。

スキャナは良いとしても、値段が高く場所を取る断裁機を自宅に置くのはちょっと躊躇してしまう。

昨日秋葉原に『自炊の森』という自炊の為の機器を利用させてくれるショップが仮オープンしたことが話題になっている。

スキャナは、パナソニックのKV-S5055CNが4台、キャノンのDR-9080Cが4台と、業務用の本格タイプを設置しているらしい。

これだけだと、従来からあるKinko’s等と変わらないが、問題なのは断裁したコミック本をそこで借りることが出来ること。

これはまずいんじゃないかと普通は思うが、自炊の森のTwitterアカウントによると、次の様に説明している。

  1. 利用者自身が自分でスキャンすることから、著作権法で定められている私的複製の要件を満たしている。
  2. 図書館に設置してあるコピー機を使って複製する行為も、友人から借りて複製する行為も著作権法上認められている。
  3. 店内にある書籍を閲覧させる行為は貸与ではないので、著作者の貸与権を侵害しない。
  4. 音楽や動画は公衆の自動複製装置を用いた複製は私的複製では無いと定められているが、書籍の場合は適用が無い。

一応は弁護士と確認した上で開業することにした様であるが、複製された電子データが更にネット上で出回ることを助長することに繋がりかねない。

店の方はそこまで責任は無いと言うかもしれないが、社会問題に繋がることは必至。

それをきっかけに「自炊は駄目!」という方向に進めば、本当に私的複製だけを行っている人にまで影響を及ぼすことになる。

『自炊の森』の本格営業開始は1月中旬からとのこと。URLは下記の通り。

http://www.jisuinomori.com

果たしてすんなりオープンできるのだろうか。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です