Apple TVのファームウェアがv4.1に

Apple TVを立ち上げ直したところ、ファームウェアのアップデートをするようにとのメッセージが現れた。

指示に従いアップデートを始めると、Macの様にアップデーターをダウンロードした後、リスタートした。

atvup.jpg

何が変わったのかとネットで調べたら、AirPlayにフル対応したらしい。

Apple TVが「AirPlay」対応に──最新ファームウェアv4.1配布開始 | iPad | iPad*iPhone Fan

AirPlayが使えるようになると、例えばiPhoneのiPodアプリで音楽や動画の出力先をApple TVからに指定することができる様になる。

「AirPlay」で快適連携! − iOS 4.2 + Apple TVの使い勝手を試す (1/3) – Phile-web

今はAirPlayが使えるアプリは限られているようだが、いずれ全てのアプリが対応するだろう。ただしiPhoneのファームウェアを4.2以上にしておく必要があるので試すことができなかった。

ところで、AppleTVのファームウェアを4.1にしたところ、iTunes Storeの場所をUnited Statesにすると、サーバーに繋がらないと表示される。

アップデートで塞がれてしまったのかもしれないと思い、場所を日本にしてみたが同じだ。

念の為にApple TVからACケーブルを一度抜き差ししたところ、問題なく繋がるようになったので、それは杞憂であった。

いずれにせよ、Apple TVは今後ともアップデートで進化することが分かった。

今後の進化が楽しみだ。

カテゴリー: Apple TV タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です