Xmarks終了

ブラウザ同期のXmarks、サービス終了 | エンタープライズ | マイコミジャーナル

Firefox、Safari、Chrome、IEなど、様々なブラウザの間でブックマークの同期ができるXmarksというサービスが、後90日程度で終了することになった。

私はXmarksがFirefox専用サービスとしてFoxmarksという名前で登場した4年前から、このサービスを使い続けている。

当初はFoxmarks自身には同期用のサーバーが無く、iDiskのWebDAVという機能を使って同期させていた様に思うが、2年前にXmarksになった頃から彼らがサーバーを用意してくれるようになった。

Xmarksのブログに、サービスの開始から今までの事が綴られている。

Xmarks Blog » End of the Road for Xmarks

現在2百万人のユーザーが5百万台のPC上でこのサービスを利用しているらしい。

ところが必要経費やサーバーを増強するお金が足らなくなり、今年の春からは金策に走り回っていたそうだ。

有料のサービスに変えることによって、スポンサーを見つけようとしたが、それぞれのブラウザが同様の無料サービスを始めており、独自のビジネスモデルを見いだすことができず、断念したらしい。

無料のRSSリーダーサービスのBloglinesも昨日でサービスを終えることになったばかり。

便利なサービスを考えつくベンチャーは出てくるのだが、無料のサービスを有料のビジネスに変えるのは容易ではなく、結局大手IT企業の付帯サービスとしてしか続けられないと言う状況が、今後も続くのかも知れない。

カテゴリー: パソコン・ネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です