海外パケットし放題

今回の旅行でご一緒した相原茂先生は、iPhoneもお持ちではあるが、今回は日本に置いてこられたのこと。

何でも、前回中国でiPhoneを使ってメールをやりとりしたりWEBブラウジングをしたところ、後から8万円もの請求が来たからだとか。

恐らく国際ローミングの通信事業者の設定が『自動』になっており、定額通信事業者であるChina-Unicom(中国聯通)ではなくChina Mobile(中国移動)に繋がってしまったものと思われる。

先生が今回お持ちになったソフトバンクの3G携帯の設定を見せて頂いたところ、こちらも通信事業者の設定が『自動』のままだったので、『手動』でChina-Unicomに設定して差し上げた。

iPhoneの画面だと、こんな感じになる。

roam1.jpg

左上を見ると『中国移動』が表示されているので、自動でChina Mobileの方が選ばれてしまっているのがわかる。

roam2.jpg

下に表示されるキャリアのリストから『CHN-UNICOM』の方を手動で選択すると、左上の表示が『中国聯通』に変わり、これで安心してパケットし放題を利用することができる。

ちなみに、一般設定のネットワーク設定の所でデータローミングをオフにしたまま上記の設定をしたので、この段階ではまだローミング代は発生しない。

海外にiPhoneを持って行かれる方は、ソフトバンクのこのページをチェックして、どのキャリアが定額接続事業者であるのか事前に確認しておいた方が良いだろう。

カテゴリー: iPhone, アジア, 携帯・通信 タグ: パーマリンク

海外パケットし放題 への1件のフィードバック

  1. arip のコメント:

    私も中国出張中の電話代が3万越えてました。
    音声のみは定額無いと思っているので、話さないしか対策無しかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です