排队、排队

今回の上海旅行は『中国語ドットコム』という中国語学習者向けサイトが企画したもので、元お茶の水大学教授の相原茂先生や、4年間も続いているポッドキャストのパーソナリティと一緒に旅をするというもの。

16日(土)からの3泊4日の旅行であったが、上海万博への入場は、非常に混み合う土日を避け、18日の月曜日に行くことになった。

万博の公式ページによると、16日はついに1日の入場者数が百万人を突破し、大阪万博の累計入場者数6421万8770人を超えた日となったらしい。

nyujou.jpg

平日の18日は入場者数が少し減ったというものの、やはり60万人を超えた様だ。

1つのパビリオンに入るのに6時間待ちなんてざらである。

滞在時間は8時間だったが、入場したパビリオンは事前予約が取れた中国館のみ。予約があっても2時間は並ぶことになった。

paidui4.jpg

中国人もきちんと並ぶことが出来るようになったものだと言われるが、その並び方が凄い。

日本人だと前後の人との間隔を50cm以上は取るが、彼らは10cmも間を置かない。ピッタリとくっついて並んでも気にならないようだ。

paidui2.jpg

日本人がうっかりと間を50cm以上も空けようものなら、後ろにいる中国人が「お前らは並ぶつもりがないのか」と思うのか、どんどんと抜いて前に行こうとする。

会場全体はとにかく広いので、それ程人口密度が多いとは感じないが、一旦列に並ぶとギュウギュウ詰めとなる。

中国館の中でもこんな感じである。

zh-pav1.jpg

zh-pav2.jpg

上海万博を見に行ったというよりも、上海万博で並んでいる人を見に行ったという方が正しいかもしれない。

カテゴリー: アジア タグ: パーマリンク

排队、排队 への2件のフィードバック

  1. arip のコメント:

    中国館に入れたのは良いですね。私の時は朝4時に行かないと予約券がとれませんでした。

  2. ピンバック: ミュシャ展 | 天網快快

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です