フラストレーション・フリー・パッケージ

無駄に大きい箱に入れて送ってくることで有名なAmazon。

昨夜ある物をAmazonで探していたところ、同じ商品が異なる価格で販売されていた。

[Amazon.co.jp限定] PLANEX 手のひらサイズ 300Mbps ハイパワー無線LANルータ/アクセスポイント/コンバータ FFP-PKR01 [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] [Amazon.co.jp限定] PLANEX 手のひらサイズ 300Mbps ハイパワー無線LANルータ/アクセスポイント/コンバータ FFP-PKR01 [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

プラネックス 2010-08-06
売り上げランキング : 52

Amazonで詳しく見る by G-Tools

PLANEX 300Mbps 超小型ハイパワー無線LANマルチファンクションルータ/アクセスポイント/コンバータ MZK-MF300N PLANEX 300Mbps 超小型ハイパワー無線LANマルチファンクションルータ/アクセスポイント/コンバータ MZK-MF300N

プラネックス 2010-07-16
売り上げランキング : 2675

Amazonで詳しく見る by G-Tools

前者が2,980円で、後者が3,907円だ。

何が違うのかというと、前者はフラストレーション・フリー・パッケージという、エコを考えたAmazon専用の簡易包装で、後者はメーカーのパッケージを更にAmazonの箱に入れて送ってくるからである。

Amazonによると、次の様に書いてある。

Amazonフラストレーション・フリー・パッケージはリサイクル可能な素材を用い、プラスチックケースやワイヤーといった過剰な梱包資材を使用していません。カッターやはさみを使わずに簡単に開封することができますが、商品自体は通常パッケージと同じように保護されます。 Amazonフラストレーション・フリー・パッケージは輸送箱に入れず、そのまま出荷ラベルを貼ってお届けします。

エコに優しく、値段も安いということであれば消費者にとっては歓迎すべき事だ。全ての商品をそうしてもらいたい。

だが、メーカーからするとAmazonへのOEM供給みたいな感じになる。

プライドのあるメーカーや、他の流通ルートを大切にしなければならないメーカーの場合は受け入れづらいのかもしれない。

カテゴリー: 家電 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です