セグウェイ

asahi.com(朝日新聞社):セグウェイ運転中に事故死 米セグウェイ社のオーナー – 国際

立ち乗り型電動二輪車『セグウェイ』を製造する米セグウェイ社の英国人オーナーが、セグウェイ運転中に9メートルの高さの崖から川に落ちて死亡しているのが見つかったとのこと。

セグウェイを発明したのは亡くなった現オーナーのジミー・ヘゼルデン氏ではなく、米国の発明家ディーン・ケーメン。

2001年12月の発売前にセグウェイを見せてもらったビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズが絶賛した為、IT業界では結構その名が知られていたが、実際には一部の物好きな富裕層にしか売れていないらしい。

ヘデルセン氏は、炭鉱労働者を経て、兵士を守る防護壁を作るメーカーを立ち上げた大富豪で、英国のセグウェイ販売会社のオーナーであったが、昨年12月に製造会社の米セグウェイを買収したそうだ。

これはちょっとセグウェイの売れ行きにも影響を与えそう。

2005年の12月に当時のブッシュ大統領に招かれた小泉元首相がセグウェイをプレゼントされたらしいが、果たして今でも持ってっらっしゃるのか。

カテゴリー: 社会 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です