不可解な結末

中国人船長、処分保留で釈放へ 日中関係を考慮
尖閣沖衝突 官房長官「検察の判断」

昨日の中国人船長釈放のニュースには驚いた。いや驚いたというよりも、あっけにとられたと言うべきか。

今朝もWEB版日経には、奇妙奇天烈な見出しが並んでいる。

  • 中国人船長の釈放「検察が総合的に判断」 菅首相
  • 船長釈放「正しい決定」 米、問題解決を歓迎
  • 中国、日本に謝罪と賠償を要求 中国人船長釈放で

まるで日本が中国の朝貢国にでもなったようだ。

中国は日本との間のみならず、アジア各国との間で領海問題を起こしている。

それらの国は、日本が中国に対してどの様な態度を取るのか注視していたに違いない。

サル山でボスザル争いに負けたサルが他のサルから全く相手にされなくなる様に、日本もアジア各国から見放されることになりそうな気がする。

カテゴリー: アジア タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です