ペイオフ

これまで幾度となく発動をシミュレートされながらも、一度も実施に移されることがなかった預金債権のペイオフが、ついに発動される様だ。

ペイオフ、初の発動 振興銀きょう破綻申請  :日本経済新聞

もっとも、日本振興銀行の経営がおかしくなっていることは、既に周知の事実であったわけだから、現時点でも1000万円以上の定期預金をこの銀行に置いていた約4000人の預金者は、自己責任を取らざるを得ないということだろう。

それよりも、今まで伝家の宝刀として、発動されることの無かったペイオフが現実のものになったということは、先行きが不安視されている他の金融機関の業況悪化に拍車をかけるのではなかろうか。

しかし、こんな本を書いていた木村剛氏の作った銀行が、初のペイオフ対象となるとは、何とも皮肉である。

小説ペイオフ―通貨が堕落するとき (講談社文庫)
小説ペイオフ―通貨が堕落するとき (講談社文庫) 木村 剛

講談社 2002-10
売り上げランキング : 485558

おすすめ平均 star
star経済小説は生の経済を知る格好の教科書なのか。
starたちの悪いプロパガンダ
star勉強になりました

Amazonで詳しく見る by G-Tools



いずれ、同銀行の現社長である江上剛氏が、『ペイオフ!』なんていう小説を週刊誌に連載するに違いない。

カテゴリー: 社会, 経済 タグ: パーマリンク

ペイオフ への1件のフィードバック

  1. 智太郎 のコメント:

     先週土曜9/25に靜岡県東部地方の御殿場市の「御殿場高原ビール」へ行って満喫できた日記を紹介したく思い愉快な記事にしました。いつもの”おもしろ写真”では「ガーデニングで用いられる色鮮やかな花の風車(かざぐるま)」「台風の影響でも北西側にかくかに見えた富士山」「無邪気な姉妹幼児達が空に舞い上がるようかにはしゃいでいる写真」「まだ設置されてた気になった子供の七夕の短冊「願い事」」「レストラン店内でイルミネーション風電飾に癒された写真」「笑顔が素敵で綺麗なウエイトレスのカツマ○さん」「ドイツ伝統のビール製法の多くのビール」「美味しかった多くのグルメ写真」等々を貼ってみたのです。・・(*^_^*)トラックバックをさせて戴きとう思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です