バンパーとケーブル

iPhone 4にAppleのバンパーを着けたら、予想通り普段使っているケーブルが使えなくなった。

バンパーのお尻の部分はこんな感じになっており、接続端子の周りの窪みがとても小さめだ。

cable1.jpg

下は家にある接続ケーブルのコネクター部分を写したもの。

cable2.jpg

左が古いiPod用、中がiPhone純正、右がサードパーティー(Arbel)のもの。

従来Macとは古いiPod用のものでシンクロさせていたのだが、Apple純正であるにもかかわらず黒バンパーを着けたiPhoneだと使えない。

仕方がないので、箱にしまって置いたiPhone用のケーブルを使うことにした。

Arvelのは、枕元で就寝中にiPhoneを充電する為のもの。

実はiPhone 3Gを買った時に付いてきた純正ケーブルが、半年足らずでコネクターとケーブルの繋ぎ目が断線した為買ったものだ。

このケーブルは、バンパーを着けた状態でも何とか刺さるものの、しっかり奥まで刺さっていないと通電しない。

ちゃんと充電されているか小まめに見てやらないと、いつの間にか充電が止まっていると言う厄介な代物だ。

Appleはわざとこんな事をしたのだろうか。

カテゴリー: iPhone タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です