くの字

我が社に入社した男性の多くが、入社後腰痛持ちになっている。

かく言う私もそうだ。

何となく机に座る姿勢に問題がありそうな気がしていたが、先日机と椅子が元凶であることを突き止めた。

一般社員が使っている机は、上から見てL字型をしたイトーキのデスクなのだが、L字の内側の角(お腹の前の部分)が丸くくり抜かれている。

itoki.jpg

一方椅子の方もイトーキ製なのだが、肘掛けの高さを調節することができない造りとなっている。

ある一定以上の体格の男性が、椅子の座面を膝下の高さに合わせると、肘掛けが机の角にぶつかってそれ以上椅子を机に近づけることができない。

肘掛けが邪魔をするので、机の内側の角がくり抜かれていることが、更に机と身体の距離を遠ざけることに繋がっている。

結果として、その男性はPCを操作する為に身体を『くの字』に曲げて一日中執務をすることになる。

ずっと『くの字』に曲げているものだから、立ち上がろうとしても腰が伸びず、『くの字』の形のまま、よたよたと歩くことになってしまう。

パッと見はおしゃれなのだが、人にこっそりダメージを与える恐怖の机と椅子なのだ。

カテゴリー: 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です