チャンバラ

スペイン、ドイツ下し決勝へ=初優勝懸け、オランダと激突〔W杯〕

今日は休日でもないのに、ついついスペイン対ドイツの試合を見てしまった。

序盤からパス回しの上手いスペインの優勢で試合が進み、ドイツお得意のスピード感溢れるサッカーを見ることができなかった。

一つ気が付いたのが、日本チームの試合と違って審判がファールを取る機会がとても少なかったこと。

日本チームは、「うー、やられた」とバタバタ倒れて、相手チームのファールをもらっていた様に思う。

やはりチャンバラ映画に慣れ親しんだ国だからだろうか。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

チャンバラ への1件のフィードバック

  1. アキレサンダー のコメント:

    >日本チームは、「うー、やられた」とバタバタ
    >倒れて、相手チームのファールをもらっていた
    >様に思う。
    小生に言わせれば、それがわが代表チームの戦術。
    ゴール近くでファウルをもらい、お家芸のFKで
    得点です。
    なので、ドイツ対スペインの主審が、デンマーク戦
    を担当していたら...かもしれません。
    確かに、ドイツ対スペイン戦の審判はあまり笛を
    吹かなかったので、試合自体は流れていたように
    感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です