『HBH-IS800』その3

ソニエリのBluetoothイヤホン『HBH-IS800』を一週間使ってみたので、そろそろ使用感を書こう。

まず第一は、やはりケーブルが無いというのは本当に快適だということ。

混み合った電車の中でケーブルを気にせず使えるというのは有り難い。

iPhoneは普段胸ポケットに入れているが、音質的にも特にヒズノイズが聞こえることなく問題ない。

一度会社の机の上にiPhoneを置いて、どこまで離れたら接続が切れるか確かめてみたが、15m離れても大丈夫だった。

ただし満充電状態でも、プツッと瞬間的に接続が切れてすぐ戻るということもある。

特に再生開始直後に多いが、聞き続けるとその様なことは殆どない。最も入りの良い周波数を自動的に探しているのかもしれない。

音量調節は、もともと『HBH-IS800』にはその機能が無く、iPhone本体の方で行う。iOS 4になる前はそれもできず、最大音量のままとなるという問題があった様だが、iOS 4になってからは大丈夫になった。

そもそもiPhoneで音楽等を聞く場合、iPhone側でそれなりの操作をする必要があるので、本体でなければ音量調節ができないということに対しては、特に問題はないだろう。

ちなみに『HBH-IS800』は、次のBluetoothプロファイルに対応している。

・ HSP     (ハンズフリープロファイル)
・ HSP     (ヘッドセットプロファイル)
・ A2DP   (オーディオ転送プロファイル)
・ AVRCP (AVリモコンプロファイル)

肝心のイヤホンの音質についてだが、インナーイヤーイヤホンとしては十分なレベルだと思う。

私の場合、オリジナルのイヤーピースではゆる過ぎたり、きつ過ぎたりしたので、イヤーピースを手持ちのイヤホンの物と交換することにより、長時間聞くことができるようになった。

イヤホンには緑のソニーエリクソンのロゴが入っているので、知る人が見れば、docomoのXperiaか何かを使っている様に見えるかもしれないが、実はiPhone 4を使っているというのが憎いではないか。

面倒な点を挙げるとすれば、やはり連続再生時間が3.5時間程度であるということ。

行き帰りの通勤時間+寄り道の時間を考えると、2日目は不安となるので、実際には毎日充電することになる。

iPhoneの方も毎日充電が必須なので、充電すること自体は苦にならないのだが、充電にするには開けにくいイヤホン部分のキャップを捻って開ける必要があり、専用の充電器が必要となる。もう少し充電が簡単だと有り難い。

バッファローからもこの『HBH-IS800』に似たBluetoothイヤホンが最近発売された。

こちらは置くだけで充電できる充電台が用意されているようだ。ただし連続再生時間は2.5時間と更に短い。

充電のことを除けば概ね『HBH-IS800』に満足している。

現状では、私のiPhone 4とは最高のペアといって良いだろう。

ソニエリ『HBH-IS800』購入 – 天網快快

『HBH-IS800』その2 – 天網快快

カテゴリー: iPhone, デジモノ タグ: パーマリンク

『HBH-IS800』その3 への2件のフィードバック

  1. TJ のコメント:

    私はフィリップスのSHB7110というBluetoothヘッドフォンを使っています。
    http://blog.hkisl.net/am/archives/000872.php
    表示が光ったり、タッチスクリーンだったりとサイバーっぽくて気に入ってるんですが、重いと感じているだけに、今回紹介されている ソニエリのは軽さが良いですよね。

  2. durian のコメント:

    TJさん

    お陰様で便利に使っております。
    iOS 4.0になったので、Bluetoothヘッドフォンを使いたいという人が増えるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です