代議士先生と

先日民主党の若手議員二人の話を聞く機会があった。二人とも昔同じ釜の飯を食った戦友である。

両者の話に共通していたのは、マスコミは自分の報じたい事だけを報じ、それ以外の事を一切報じてくれないという嘆き。

また、小沢氏があたかも豪腕に政治を動かしている様にとられているが、実際の小沢氏はそれ程明確な指示を自ら行うことは少なく、小沢氏の取り巻き議員達が小沢氏の考えを忖度して指示することが多いとのこと。

樽床議員が菅氏の対抗馬として突然現れた時、我々国民は違和感を持つと共に、そんなに簡単に一国の首相が決まって良いものかと心配したが、小沢派内部でも「樽床って誰だ?」という雰囲気だったらしい。

にもかかわらず、取り巻き議員達が勝手に小沢派の統一候補として推すことを決めたが、一夜経って小沢氏から統一候補としては推せないので自由投票ということになったそうだ。

民主党は好きではないが、二人の後輩達には是非日本を変えるべく頑張って欲しい。

カテゴリー: 政治 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です