すげ【菅】

オンライン中日辞書『北辞郎』の主宰者であるctrans氏の昨日のつぶやき。


管直人(guan3zhi2ren2)ではなく菅直人(jian1zhi2ren2)なので気をつけよう>自分less than a minute ago via web

菅首相の【菅】という字の現在の中国語の発音は、『guan3』ではなくて『jian1』。カタカナで便宜的に表すと『ぢぇん』。知らないと『ぐぁん』かなと思ってしまう。

そもそも【菅】ってどういう意味だったっけとWEBで検索したら出てきたのが次のページ。

菅とは(weblio辞書)

すげ 【▼菅】
カヤツリグサ科スゲ属の草本の総称。熱帯から寒帯に分布し、日本には二百余種がある。水辺や湿地に多く、茎は三角柱状で中実。葉は線形で多くは根生。(三省堂 大辞林より)

そうか、スゲの事だった。

三国志では県の名前として登場するらしい。当時の発音は【姦】と同じとのこと。

今は【姦】の字の代わりに【奸】が使われており、その発音はやはり『jian1』だ。

中日辞書 北辞郎:検索 – 奸

で、スゲって何に使われているのかというと、葉を編んで笠・蓑・縄などを作るのに用いられるとのこと。

だがスゲの笠と言われてもどんな物かわからない人が多いだろう。

菅氏が頭を丸めてお遍路さんをやっていた時の編み笠が、まさにすげ【菅】の笠である。

Kan_henro.jpg

カテゴリー: 政治, 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です