SB、海外向けパケット定額サービス開始

以前このブログでも取り上げたソフトバンクの海外ローミングの定額制が具体化した様だ。

海外向けパケット定額サービス登場!最大1,480円/日でパケット通信が利用可能に! | ソフトバンクモバイル株式会社

それによると、iPhoneだけでなく、iPad、Xシリーズ、ディズニー・モバイル等の『世界対応ケータイ』対応機種が対象となるようだ。

サービス開始当初から対応するエリアは、アメリカ、アラスカ、ハワイ、オーストラリア、グアム、ニュージーランド、インドネシア、韓国、シンガポール、タイ、台湾、中国、フィリピン、香港、マレーシア、アイルランド、アルバニア、イギリス、イタリア、オランダ、ギリシャ、スペイン、チェコ、ドイツ、トルコ、ハンガリー、フランス、ポルトガル、マルタ、ルーマニア、エジプトの31カ国/地域。

海外旅行者の増加する今年7月21日からサービスを提供する。

気になる料金の方だが、来年6月30日までは1日最大1,480円。それ以降は最大1,980円になるらしい。

孫社長はTwitterで、「当方決死の想い。身代りパケ死か。」「皆さんが、ガンガン使うと当方かなり赤字。お手柔らかに。」と書いていたが、実際このサービスをガンガン利用する人は限られた一部の人だけで、普通の人は年に何日も使うことはないだろう。

日本をベースにする人にとってのSIMロックのデメリットは、海外に行った時に現地の安いプリペイドカードが使えないことだったが、数日のことであれば、このサービスで用が足りるのではないかと思う。

カテゴリー: 携帯・通信 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です