今度はヘッドフォンの修理

5年前にこのブログで紹介したAIWAのHP-X122という売価1,500円の格安ヘッドフォン。

HP-X122.jpg

低音と高音が強調されるドンシャリ系のヘッドフォンなのだが、TVやDVDを深夜に楽しむには持って来いのヘッドフォンだったので、家族で重宝していた。

ところが先日突然左側の音が聞こえなくなった。既に製造中止となっており、買い換えることもできない。

このヘッドフォンの唯一の欠点は、コードが3.5m近くあって長過ぎること。

おそらくどこかでコードが断線したのだろうと考え、コードを付け替えることにした。

ヨドバシで代わりになるコードを探した結果、プラグが金メッキのTV用ステレオイヤホンを買って、イヤホン部分をぶった切ることにした。

このイヤホン、250円だけあって、どちらが右なのかさえ分からない。

PCに繋いで左右のバランスを動かし、右だと思われる方に印を付けた。

イヤホン部分をちょん切って、コードの被覆を剥がしてみたところ、ルール通り右の+線は赤、左の+線は緑の被覆に包まれていた。

hp1.jpg

古いコードを外すため、ヘッドフォンをバラして、端子にハンダごてを当ててハンダを溶かす。

その後右側に新しいコードをハンダ付けする。この辺りの細かい作業、床に腹ばいになって慎重に行った。

試しに音を出してみると問題なく右側から音が出た。

次は左側の番だ。前から付いていたハンダが仲々溶けにくい。

hp2.jpg

何とか左側のハンダ付けも終わり、音を出してみたが、やはり左側からは音が出ない。

ハンダの仕方が悪いのかと思い、何度かやり直したが、やはりダメだった。orz。

どうやら左側から音が出なくなったのはコードの断線ではなく、スピーカーユニットそのものが故障した様だ。

結局修理は徒労に終わった。代わりのヘッドフォンを見つけるしかないか。

カテゴリー: Audio Visual タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です