MacPro御乱心

昨年3月から使い続けているMacProだが、週末突然一部の外付けHDDを認識しなくなった。

初めはマウントはしてくれたものの、暫くするとフッとアイコンが消えるようになり、ついには全くマウントしなくなった。

やれやれ寿命かと思いつつも、DiskWarriorをアップデートして何とかデータだけは復旧してみるつもりでいた。

一方、昨夜はあるCDを当日扱いでレンタルし、iTunesに読み込ませようとしたのだが、CDもマウントしなくなった。

『あるファイルが正しくインストールされておらず、再インストールを求めるエラー』が出た。

仕方がないので、Snow Leopardのインストールディスクを用いてシステムディスクに再インストールをしようとしたところ、31分頃で止まってしまう。

昨年Snow Leopardのアップデートが市場に出た頃、DVDドライブとの相性によってはインストールできないという事が話題になったが、私のMacProでは問題なかったのに今更どうしてだ。

借りたCDは今朝10時までに返さなければならない。色々試したところ、ToastではこのCDを認識したので、CD-ROMに焼くことにした。

HDDに続きCDも認識しなくなったMacPro。新しいHDDでも買ってきて、Snow Leopardを一からインストールし直すか。

そもそもSnow Leopardのディスクは交換してもらえないのだろうか。悩みは尽きない。

カテゴリー: パソコン・ネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です