iPadの国内販売は5月28日から

iPad、5月28日に米国外の9カ国でも発売開始

Appleが日本でも5月28日からiPadを発売開始することを発表した。Appleのオンラインストアでは5月10日より予約販売が始まる。

日本以外に5月28日から発売されるのは、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スイス、英国の8カ国。

7月にはオーストリア、ベルギー、香港、アイルランド、ルクセンブルク、メキシコ、オランダ、ニュージーランドそしてシンガポールの9カ国でも販売が始まる。

既に日本以上に輸入版のiPadが普通に売られているという香港が遅れるというのが面白い。

販売ルートはWi-Fi版、3G版共にApple直営店と選定されたiPad正規販売店から。Wi-Fi版についてはオンラインのApple Storeからも販売される。

Appleは先日、国内の通信販売業者を通じたApple製品の販売を取り止めたばかり。

地元にApple直営店や正規販売店の無い地域の方は、オンラインのApple Storeからし買えず、3Gに至っては必ず店舗に出向かなければならない。iPadの販売と何か関係があるのだろうか。

米国外での価格は未定。丁度為替が大きく振れている時なので、値付けに苦労するだろう。

AppleのiBookstoreが含まれるiPad用のiBooksアプリケーションは、5月28日よりApp Storeから無料でダウンロードすることができる。

日本ではiBookstoreのサービスが開始される予定は立っていない。米国のiBookstoreを眺めるだけになるのだろうか。

肝心のMicro SIMがどこから出るのか、未だ公表されていない。『チョキチョキ組』も登場しそうだ。

6月には新型のiPhoneも登場する。iPhoneは毎年の様に進歩している。

iPadについても、初代を買うより、もう少し待った方が良いのではないかと思う。

カテゴリー: iPad タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です