書籍スキャン入門 by 磯崎氏

最近、自分の持っている本や雑誌をスキャンしてPDF化することが、密かなブームとなっている。

カッターや断裁機で背表紙を切り落としてページをバラバラにし、スキャンで読み込んでPDFするということは判る。

だが、本当に誰でも失敗せずできるのか、どの程度の手間が掛かるのかなどが今一つ判らなかったのだが、磯崎氏が昨日ブログに書かれたエントリーがとても役立ちそうだ。

isologue – by 磯崎哲也事務所: 既に始まっている電子出版ービジネスマンのための書籍スキャン入門

用意する物は、断裁機とスキャナー。スキャナーは型番のお尻に『M』が付くのがMac用で、そうでないのがWindows用だ。

プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106 プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106

プラス 2009-09-01
売り上げランキング : 2
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

FUJITSU ScanSnap S1500M FI-S1500M (Mac用) FUJITSU ScanSnap S1500M FI-S1500M

富士通 2009-02-07
売り上げランキング : 745
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500 (Windows用) FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500

富士通 2009-02-07
売り上げランキング : 112
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

これで、ザクザクと書籍の背表紙を切り落とし、両面同時読み取りできるスキャンでPDFファイル化することにより、部屋に大きなスペースが生まれるという。

確かに自分の部屋に山と積まれた専門誌や単行本が、HDDの中に全て収まった状態を想像するだけでゾクゾクする。

だが、書棚に並んだ本の背表紙にはそれぞれ思い入れもあったりする。

そうだ、背表紙だけ写真に撮って残しておくというのはどうだろう。

カテゴリー: デジモノ, 身の回り タグ: パーマリンク

書籍スキャン入門 by 磯崎氏 への2件のフィードバック

  1. ばぶるばすたー のコメント:

    スキャンしたPDFをi文庫HDというiPad用のソフトで読むと感動しますよ。かくいう私も既にスキャン済みの雑誌が20G位あります。使っているのはプラスの裁断機とScanSnap1500。過去にScanSnapを4台も使い続けている者としては、ScanSnapのスキャン速度が1500になって飛躍的に速くなったのがブームの広がりの理由だと思いますよ。

  2. durian のコメント:

    なるほど。以前からお使いだったんですね。
    でも裁断機もスキャンも場所を取りそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です