谷垣総裁Twitterを始める

Twitter / 谷垣禎一: はじめまして。自民党総裁の谷垣禎一です。

自民党総裁の谷垣氏がTwitterを始めた。

以前民主党の鳩山首相達がTwitterを始めたことに対抗して、「私はつぶやかない」と宣言していたが、恐らく世耕議員らに背中を押されてしぶしぶ始めたのだろう。

だが相変わらず勘違いしている様に見える。

「多くの皆さんから『なまごえ』をうかがう」為に始めたと書いており、Twitterの事を投書箱の様に考えている節がある。

そうではないのだ、特に谷垣氏の様な立場の人の場合には。

もっともっと谷垣氏自身がつぶやいて、谷垣氏及び自民党のイメージチェンジにつなげるべきなのだ。

以前は金儲けの事ばかり考えていると皆から思われていた孫正義氏や堀江貴文氏が、Twitterで身近な事をつぶやき始めるに連れて、急に彼らのイメージが改善した。

毎週日曜日の午後になると、坂本龍馬ファンの孫氏がそわそわし始める。

夜8時からの本放送に先立ち、夜6時からのハイビジョン放送を見る人達に対しては「先発隊いけー」と号令を掛け、自分が本放送を見れない日には、「私は後発隊で駆けつけるー」とTwitter上でつぶやく。

そういうつぶやきを読むと、何となく彼と距離を置いていた人達も、その距離が急に小さくなった様に感じ、いつの間にか孫氏のファンになっていたりする。

お堅いと思われていた企業が、Twitterを始めたことにより、イメージチェンジに成功した例もある。

谷垣氏も、サイクリングや落語など自分の好きなことについてどんどんつぶやくことにより、自然と谷垣ファンが増え、谷垣氏自身や党のイメージアップに繋がろうというものだ。

そうすれば、気軽に谷垣氏に声を掛ける人も増えてくる。

そういう意味では、先行してTwitterを始めた鳩山首相も失格なので、谷垣氏にも巻き返しのチャンスがあると言えるだろう。

カテゴリー: パソコン・ネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です