インテリ大失業時代

最近のTVや新聞は、「この話は一昨日の夜Twitter経由でもう読んだ」というニュースが多い。

週刊誌の見出しに至っては、一週間以上も前の話題ばかり。

かくして、TVや新聞、雑誌のニュースは見ても見なくても良いものとなった。

となれば、そういう企業でその手の仕事に就いていた人達が職を失うのは当然のこと。

高給を食んでいた人達が、従前同様の生活レベルを維持することの出来る転職先は一体どこにあるのだろう。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です