観光立国ナビゲーター

「嵐」が日本の魅力を発信へ NHKニュース

観光庁が、アジアからの観光客を日本に呼び込む為に、嵐を『観光立国ナビゲーター』に起用した。

嵐のメンバーたちは、ノーギャラで中国、韓国、台湾、香港のテレビCMに出演し、日本の魅力をPRするとのこと。

これを聞いてすぐに思い浮かんだのが、2007年に台湾の観光局が現地の人気グループのF4を『台湾観光イメージキャラクター』に起用して、アジアの観光客誘致を図ったこと。

当時世界一の高層ビルだった『台北101』や台湾各地の観光地を舞台にしたドラマ『君に続く道』が日本や韓国等でも放映された。

今回の嵐の起用はそこからヒントを得たものに違いない。

東京の高層ビルを舞台にしたドラマを制作するのだろうか。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です