『マイレージ、マイライフ』

アカデミー賞5部門にノミネートされた『マイレージ、マイライフ』を見てきた。

年間322日も飛行機で米国各地を飛び回る主人公の仕事はリストラ宣告人。

先日NHKで放送していた『君たちに明日はない』と同じ職業だ。

彼の趣味は航空会社や高級ホテルのマイレージやポイントを溜めること。

彼はリストラ対象者と直接面談し、新たな人生に踏み出す事を納得させるべきとの考え。

一方、コーネル大卒業の鼻っ柱の強い新人女性は、ネットでクビを切ることを提案した。

彼女に現場を体験させる為、彼が教育係となり出張に連れて行くことに。

実際初めて出会う人間に解雇を告げられるのも頭に来るが、モニター越しにそれをやられたらモニターをぶっ壊す人がいてもおかしくない。

でも私の古巣の同僚の話では、数日休暇を取って出社したら机の上に早期退職のパッケージが置いてあったというから、モニター越しでもまだましか。

この先は映画を見て頂くこととして、飛行機から見る幾何学模様のアメリカ国土の利用のされ方は、日本と違ってまた美しい。原題は『UP IN THE AIR』。

なかなか味のある映画だった。

カテゴリー: 映画・テレビ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です