『ハート・ロッカー』

アカデミー賞6部門を受賞した『ハート・ロッカー』を早速見てきた。

『ハート・ロッカー』公式サイト

爆弾処理部隊という男の世界を鋭く描いた女性監督にまず脱帽。

それにしても疲れる映画。

いつ爆弾が破裂しないかと、最初から最後までずっと身を固くして見ていたので、見終わった後も身体が痛い。

私は「映画はエンターテインメントであるべきだ」と考えているので、どちらかと言えばアバターの方が好きだ。

カテゴリー: 映画・テレビ タグ: パーマリンク

『ハート・ロッカー』 への2件のフィードバック

  1. 雁風呂愚 のコメント:

    ご存知かもしれませんが、同じような映画で、「ジャガー・ノート」と云う確か英仏協同で製作された古い映画があります。米国の「ポセイドン・アドベンチャー」を意識して作られたものと思われますが、静謐なカメラワークは、米国の映画と一線を画しています。
    映画は元々、娯楽として発展してきたものですが、小生は、映画を「第七芸術」として捉えているので、米国流の「オー・マイ・ガー」、「ハッピー・エンド」のエンターテイメントは嫌いではありませんが、鑑賞後の余韻を楽しめないのは残念です。

  2. durian のコメント:

    コメント有り難うございます。
    余韻という意味ではアバターの方が考えさせられる事が多かった様に感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です