テニアン島

テニアンに普天間受け入れ前向き 日本政府、移設先に検討か – 47NEWS(よんななニュース)

在日米軍再編:普天間移設 グアム・テニアン移設案、社民・国民新提示へ

サイパン島の南にあるテニアン島が話題となっている。

日本政府の沖縄基地問題検討委員会が、普天間基地の移設先候補地として視察に訪れ、特に社民党や国民新党が積極的であるという。

2年前に、テニアン島よりもう少し南にあるロタ島を訪れたことがあるが、この辺りの島々はスペイン、ドイツ、日本、アメリカと統治者が変わった地域であり、神社や防空壕など日本統治時代の遺跡も残っている。

テニアン島は観光ぐらいしか産業が無く、現在はカジノを併設した香港資本のホテルがあり、中国人観光客を誘致している。

太平洋戦争中、日本に向けて沢山のB29が飛び立った島であり、広島へ原爆を運んだエノラ・ゲイの記念碑もあることで有名だ。

この島へ米軍基地の移設をしようとは、何ともブラックジョークの様である。

カテゴリー: 政治, 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です