選手の名前

長島が銀、加藤が銅

スピードスケート男子で日本が銀・銅二つのメダルを獲得した。

明け方NHKで全レースを再放送していたので、ついつい見てしまった。

その時気になったことが一つ。

NHKのアナウンサーは、金メダルを獲得した韓国の牟太釩選手の事は『モ・テボム』と現地語風の読み方で呼んでいたのに対し、中国の選手の名前は全て日本語の音読みで呼んでいたこと。

胡錦濤の様なよく知られた名前ならいざ知らず、初めて聞くような中国人選手の名前を音読みで紹介されても、テロップがアルファベット(ピンイン)なので、誰のことを話しているのか、さっぱりわからない。

NHKが韓国人の名前を現地語風に呼び始めたのは、昭和の末期に在日韓国人神父が、NHKを相手に韓国人の名前を現地語風に呼ぶよう訴え、最高裁で勝訴したことが原因だとか。

一方、中国では日本人の名前を中国語読みしていることから、日本のマスコミは相互主義で(意地を張って?)中国人の名前を日本語読みしているらしい。

方向としては、互いに現地語風の読み方が一般化していくような気がする。

日本人の名前は今年も中国語読みだったか、中国のオリンピック報道を聞いた方にお聞きしたい。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です