『リゾート・ワールド・セントーサ』部分開業

リゾート・ワールド、カジノは14日に営業開始[シンガポール]|AsiaX News

春節の2月14日、シンガポールで初のカジノが開業したようだ。

カジノを開業したのはマレーシアのゲンティンハイランドグループが経営するリゾート・ワールド・セントーサ。

今年1月、健全な離れ小島だったセントーサ島に、ホテル4軒と、レストラン、ショッピング施設を先行開業していたが、この度カジノやユニバーサル・スタジオの営業も開始した。

ユニバーサル・スタジオはテスト開業の様で、一般公開は3月初旬からだそうだ。

公式ページは下記の通り。

リゾート・ワールド・セントーサについて(日本語ページ)|genting.jp

Resorts World Sentosa | Singapore Hotel & Casino Resort | Integrated Resort

4月には本島のマリーナ・ベイに、米国系のカジノ『サンズ』が『マリーナ・ベイ・サンズ』の開業を予定している。

カジノの成功は、賭で儲けた顧客が如何にお金を散在してくれるかに掛かっている。

果たして、ギャンブラーの財布のひもが緩むような施設を作ることができるだろうか。

カテゴリー: アジア タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です