リコーデジカメ『CX3』発売

RICOH デジタルカメラ CX3 ブラック CX3BK
cx3.jpg

リコー、裏面照射型CMOSセンサー搭載の「CX3」 – デジカメWatch

リコーがコンパクトデジカメの新機種『CX3』を2月19日から発売することを発表。

見た目は全機種の『CX2』と殆ど変わらないが、センサーに『裏面照射型CMOSセンサー』を採用し、暗いシーンでの画質を向上させたとのこと。

『裏面照射型CMOSセンサー』については、下記のWEBサイトが分かり易いが、一般的な『表面照射型』が、レンズ、フィルター、配線、フォトダイオードの順に並んでいるのに対し、『裏面照射型』は、レンズ、フィルター、フォトダイオード、配線の順に積み重ねられているらしい。

CCDやCMOSを超える裏面照射型CMOSセンサって?(1/2) − @IT MONOist

ところで、CX3には俗に『猫モード』とも呼ばれる『ペットモード』がプリセットモードに加えられたとのこと。

検出した猫の顔に優先的にピントを合わせるほか、ストロボ、AF補助光、操作音がオフになり猫を驚かせないようになっているとか。確かに猫の写真を撮る人は多い。

リコーの普及型コンパクトデジカメも、CX3の登場で一つの完成型を迎えた様な気がする。そろそろ買い時か。

カテゴリー: デジモノ タグ: パーマリンク

リコーデジカメ『CX3』発売 への2件のフィードバック

  1. Erlang のコメント:

    R10を買おうかとか言ってから、もう3世代過ぎてますよ(笑)

  2. durian のコメント:

    そうなんですよ。安くなったら買おうと思っていると、いつまでたっても買えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です