レコード大賞

昨夜近所の新国立劇場に多くの警備員が立っていた。

家に戻りTVを付けたところ、同劇場でレコード大賞の生中継を行っていることに気が付いた。

レコード大賞と言えば、大晦日の紅白歌合戦の前に放送されるものと思っていたが、2006年以降は30日の夜に行われる様になったらしい。

昔はお目当てのスターがレコード大賞を受賞した後、NHKホールで行われている紅白歌合戦に間に合うのかハラハラドキドキするのが楽しかったのだが、30日の夜じゃそんな楽しみもない。

『日本レコード大賞』とは、その年に発売されたすべての邦楽シングルCDの中で作曲、編曲、作詩を通じて芸術性、独創性、企画性が顕著な『作品』、優れた歌唱によって活かされた『作品』、大衆の強い支持を得た上、その年度を強く反映・代表したと認められた『作品』、以上3点に該当する『1作品』に贈るとのこと。

EXILEの曲が一体どの基準に該当しているのか、はなはだ疑問。

『レコード』が消え去った今、『レコード大賞』なんていう名前をやめて、『エイベックス大賞』にでもすれば良い。

カテゴリー: 音楽 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です