USEN、ISP事業をSo-netに売却

USEN、ISP事業をSo-netに売却へ – ITmedia News

次々と事業の切り売りを行っているUSENが、今度はインターネットサービスプロバイダー事業をSo-netへ売却する協議を開始した。

何を売却するのかややこしいのだが、光回線提供事業は既にUCOMとして切り出しているので、今回So-netに売却するのは、『GyaO 光 with フレッツ』などのNTT回線等を利用したISP事業の部分である。

プレスリリースによるとテレビ向け有料映像配信サービス『ギャオネクスト』は残し、So-netと一緒に販売を続けていくという。

映像配信と言えば、ShowTimeは楽天に全部売ってしまったし、Gyao!はYahoo!の子会社となっている。

実は、私が自宅で使っているISPは『GyaO 光 with フレッツ』である。

弱小であるがゆえに、他社に比べて料金が安かったのと、ユーザーに対する規制が緩いと聞いたからだ。スピードは50Mbpsは常に出ている。

果たして『GyaO 光 with フレッツ』がSo-netに譲渡されたら、サービスはどう変わるのだろう。

譲渡価格を上げるために、突然の利用料金の値上げやサービスの改悪などは勘弁してもらいたい。

カテゴリー: パソコン・ネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です