人助け

昨日池袋の『LABI1 日本総本店』のAppleのコーナーに行った言ったところ、私の母親位の女性と若い店員が、何やらMacの事で相談中。

何でも新しいプリンターに買い換えようと考えているのだが、果たして今使っているOSで対応できるのかどうかという話。

店員は気軽にSnow LeopardのアップデートDiskを買えばどうかと話している。

Mac使って23年の私としてはとても気になり、その女性に聞いてみると、未だにiMacでOS9を使っていると言う。

「お使いのMacではOS.10.6をインストールできるかどうか疑問。仮にOS.10.6をインストールできたとしても、これまで使ってきたアプリケーションを全部OS.10.6対応の物にしなければならない。」などとアドバイス。

「お買いになろうとしているプリンターが、OS9対応のドライバーを出しているか、そのメーカーに確認した方が良い。」ともお伝えしておいた。

その女性曰く、「一度Macを使ったら、Windowsなんて絶対使いたいと思わないのよ。」とおっしゃる。

そこですかさず、「この型落ちのMacBookが59,800円で売っているが、これはお買い得。この際買い換えられたらどうか。」と、隣のLABIの店員にも気を遣いながらその女性にアドバイス。

結局その女性は、CanonかEPSONにOS9対応のドライバーが出ているのか、電話で確認することになった。

ちょっとした人助けをしたわけだが、安易にSnow Leopardを買わせようとする店員にも、ちょっと腹が立った。

Appleにシニアアドバイザーとして雇ってもらえないだろうか。

カテゴリー: デジモノ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です