悲しくて…

加藤和彦さん自殺:遺書、事前に用意か 15日ごろから不明 – 毎日jp(毎日新聞)

フォーク・クルセダーズ時代の事を知らない人も多くなっただろう。

小学生の頃、早回しで作られた『帰って来たヨッパライ』にかなり影響されて、自分でも何度か再現したことがある。

ゆっくり目にカセットテープに録音し、指でテープを中に押して、テープの流れるコースを変えてから再生すると、早回しになり、まるでフォークルが歌っている様に聞こえたのだ。

競馬実況中継や、美濃部都知事の物真似の部分も、何度も何度も練習して、友達に披露したものだ。

『あの素晴らしい愛をもう一度』が代表作ということになっているが、私は『悲しくてやりきれない』の方が好きだった。

この曲は、発売中止になった『イムジン河』を逆回しに聞いている内に浮かんだメロディーを、元にしたという。

さてもう一度聞いてみよう。まずは『悲しくてやりきれない』。

次に『イムジン河』の逆回し。

どうだろう。作曲のきっかけは何であれ、『悲しくてやりきれない』は名曲だと思う。

直前まで元気に活動をされていたらしく、関係者の驚きは大きい。ご冥福を祈るばかりである。

カテゴリー: 音楽 タグ: パーマリンク

悲しくて… への1件のフィードバック

  1. 加藤和彦さん死去

    「あの素晴しい愛をもう一度」などのヒット曲で知られる音楽家の加藤和彦さんが、長野県軽井沢町内のホテルで亡くなっているのが17日、見つかりました。62歳でし…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です