言葉の密度

ある日Twitterに書き込んでいて気が付いた。

Twitterは、一度に書き込める字数は140字以内と決まっている。

日本語も英語も同じであり、漢字1文字を2文字としてカウントするわけではない。

日本語で、「電車を降りた。」と書くと、句読点を含めて7文字しか消費しないが、英語で「I got off the train.」と書くと20文字も消費してしまう。

中国語だと、「下車了。」となり4文字だ。

同じ内容を書くにも、言語によって必要とする字数が大きく異なる。

欧米人が140文字で表現できる内容と、中国人が同じ字数で表現できる内容は、数倍の差が生じる。

中国語はネット社会に適しているのかも知れない。

カテゴリー: パソコン・ネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です