ああ無情

broken.jpg

これは現代アートではない。

昨年家族用に買ったASUSのネットブックなのだが、昨日電源を立ち上げたところ、画面にこんな模様が出たまま動かなくなってしまった。

恐らく誰かが右手親指で液晶画面を強く押してしまったのだろう。

早速渋谷西口のビックカメラへ修理に持ち込んだ。

メーカーの保証期間は今月中旬までだが、液晶の破損は保証対象外だろうとのこと。

ネットブックの様な小型の液晶については良く分からないが、普通のノートパソコンの液晶だと、修理代は4〜5万円するそうだ。

もっと性能の良い新しいネットブックがもう一台買えてしまう値段である。

かと言って、液晶以外に問題無い物を捨てるのはもったいない。

見積もりの連絡を待つことにした。

カテゴリー: パソコン・ネット, 身の回り タグ: パーマリンク

ああ無情 への5件のフィードバック

  1. 胡桃 のコメント:

    液晶ではないと思いますよ。
    液晶のドライバー回路で発振状態になっているとおもいます。
    その主たる原因は、ふたを開けたり閉めたりする時の、
    フレキシブルリードのパターンが切れかかっている。
    でも、修理の見積もりでは液晶そのものだっていってくるかな~?

  2. durian のコメント:

    液晶ではなければ良いのですが。

  3. arip のコメント:

    右の黒い部分を見ると液晶のガラス割れと思われます。そろそろ見積もりが出ましたか。

  4. durian のコメント:

    まだ来ないんですよ。
    ああ、昨夜のパーティーでacerのノートパソコンが当たっていれば……。

  5. 胡桃 のコメント:

    arip さんに言われてみれば、右下1/4はガラス割れですね。
    表面のガラスはわれているけど、
    液晶を挟んでいるプラ幕が大丈夫なんで、
    私の甘い予測は訂正します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です