Sintok シンガポール映画祭

一昨日からシネマート六本木で『Sintok シンガポール映画祭』が開催されている。

9つの映画が上映されているのだが、昨夜その内の一つである『Gone Shopping』を見に行った。

例によって主人公は北京語を話すものの、若者は英語(昔より上手くなっている)、インド人はタミール語、お手伝いさんは広東語だったりインドネシア語だったりと、無茶苦茶。そう言えば日本語のセリフも有った。

客席は一杯と言う訳ではないが、皆ツボを外さず笑っており、シンガポールの映画を結構見慣れている人達ばかりなのだろう。

上映は今月13日まで。

カテゴリー: アジア, 映画・テレビ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です