iPhoneのWiFi接続

iPhoneのOSを3.0にして以来、WiFiの掴みが不安定になった。

大した広さの家でもないのだが、西の部屋にAppleのベースステーションを置き、東の部屋でWiFi接続によりiPhoneを使用していると、度々接続が途絶えてSoftBankの3G接続になってしまう。

Apple AirMac Extreme ベースステーション [M8930J/A]

Twitterに、「WiFiの規格をIEEE802.11bに固定すると安定する。」というつぶやきがあったので、ベースステーションの設定を11b/11nの自動選択から11bの固定に変えてみた。

IEEE802.11a、802.11b、802.11gの違いとは?(後編) – デジタル – 日経トレンディネット

結果は確かにWiFi接続が切れにくくなったように思う。iPhoneの電源を入れた時は3G接続なのだが、一旦WiFiを掴むとアプリケーションの使用中に切れることが減った。

11bは最大接続速度が11Mbps、11nは54Mbpsと差があり、他のPCの接続速度にも影響するが、iPhoneでの接続安定性を考えると仕方あるまい。

カテゴリー: iPhone タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です