亀井氏、郵政全面見直しへ

亀井・国民新党代表:郵政・金融担当相内定 郵政全面見直しへ – 毎日jp(毎日新聞)

正気かと問いたいが、本人は至って正気のつもりなのだろう。

既に動き出している郵政事業の民営化を見直し、国営に戻そうと言う。

民営化が決まってから、郵便局の職員にもコスト意識やサービスの概念が芽生えてきたように見えるのだが、再び元に戻すと言われたらどう思うのだろう。

金融担当相としては、中小企業に対する3年間の貸付金返済猶予や、金融機関への自己資本比率規制適用と時価会計の撤廃を掲げている。

国民新党の得票率は一体幾ら有ったのだ。党首も落選しているではないか。

民主党に投票した人は、こんな事態になることを望んで投票したのかい?

カテゴリー: 政治, 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です