Tokyo Time Lapse

昨夜iPhoneでYouTubeのアプリを立ち上げたところ、普段であればアニメばかりが並ぶ『おすすめ』の上位に、見慣れぬイメージビデオが並んでいた。

第一位は、Samuel Cockedayという作者の『variance – Tokyo time lapse』というもの。

新宿の高層ビル群に長時間カメラを向けて、時の移ろいを捉えた作品である。そのままどこかの現代美術館で展示されていそうな作品だ。

iPhoneの小さな画面でも十分楽しむことができた。こういうのは大好きである。

3番目に上がっていたのが、これも新宿の夜景を切り取った作品だ。

こちらは一瞬アニメなのかとも思ったが、やはり実写をベースにしているようだ。何となく映画『アキラ』を見ているようでもある。

だれも振り付けしたり、演出していないのに、まるで映画の一コマの様でもあり、面白い。

YouTubeや、それをどこでも見ることのできるiPhone等の普及で、こう言った現代アートが身近なものになるという例であろう。

カテゴリー: iPhone, パソコン・ネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です