地銀中金

新生・あおぞら銀、池田・前足利銀頭取に新社長打診 来秋合併へ

新社長の候補として、元横浜銀行常務で、破綻した足利銀行頭取を務めた池田憲人氏の名前が突然浮かんできた。

長信銀は元々全国の地域金融機関から債券を購入してもらうことで資金を集め、それら地域金融機関を代理店として地方の企業に長期融資を行なう事も業務の一つであった。

金融庁は、疲弊した地銀、第二地銀の救済の為に、合併銀行を信金中金の様な地銀の中央金庫として利用しようとしているのかも。

最近何でもかんでも押し付けられて、人手不足の日本政策投資銀行と合併させるのも手だ。

カテゴリー: 経済 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です