タコハイ

タコハイと言っても田中裕子が宣伝していた樹氷のハイボールの事ではない。

『銀だこ』が、たこ焼きと一緒に最近流行のウィスキーのハイボールを飲ませる店を出したというので覗いてみた。

場所は歌舞伎町のコマ劇場跡地の前。

gindako1.jpg

店の左側にカウンター席がしつらえてある。

たこ焼き500円とハイボール300円を注文した。

gindako2.jpg

熱々のたこ焼きは、『銀だこ』風というのだろうか、表面は揚げた様に焦げており、中はねっとりとしたタイプ。

個人的には、卵が入った柔らかい明石焼タイプの方が好み。

ハイボールは......、

ちょっと薄すぎやしないかい、店員さん。

カテゴリー: 食べ物 タグ: パーマリンク

タコハイ への4件のフィードバック

  1. Tetsuya Isozaki のコメント:

    裁判になった、某長信銀の配当のことかと思いました。:-)
    (ではまた。)

  2. durian のコメント:

    なるほど。
    出だしはそっちの方が良かったかも。

  3. 胡桃 のコメント:

    Durian さん、

    いや~、明石焼きは、たこ焼きとは全く違うものですよ(w。
    地元では、卵焼きが正しいん名前なんですが。
    西播と東播とでは、食べ物文化も違いますね。
    東播と摂津でも、また違います。このあたり、微妙な食文化。
    卵焼きは、ぜひ、山陽電鉄を海側に行った魚棚商店街でぜひ。
    時間がない時は、新幹線1駅東側で降りて、改札を出たところでも食べれます。

    前は、ほんとに卵だけだったけど、このごろ穴子を入れる店もあるようです。

    学校は白鷺城下、されど、実家は赤松城下ですんで(w。

  4. durian のコメント:

    やっぱり赤く塗られた台の上に載せられた卵焼きを、だしに浸して食べるのがうまいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です