共同軍事訓練


中国とシンガポールが共同軍事訓練

中新社によると、18日から26日まで中国桂林で中国とシンガポールの軍の共同演習が行われる。中国の国内で外国の軍隊の演習が行われるのは初めて。台湾とシンガポールは蒋経国・元総統とリー・クワンユー元首相との密約で1975年から「星光計画」と称されるシンガポール軍(星光部隊)の訓練が行われて来た。2002年に中国がシンガポールとの関係改善に海南島を演習地として提供すると発表したことがあるが、実現しなかった。今後も「星光部隊」の訓練が台湾で続けられるかは微妙となった。

一昨日このニュースを見た時、ちょっと目を疑った。

シンガポールは1965年の独立以来、常に「中国の手先ではないか」との周辺国による疑いを払拭することに努めてきた筈だ。

それが中国と堂々と共同軍事演習を行なうとは。

今日の日経新聞によれば、「国際テロへの対処を想定したもの」ということらしいが、それにしてもという感じがする。

カテゴリー: アジア タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です