WEBアクセスの高速化

新型のMac Proを買ったものの、Firefox等のWEBブラウザーの動きがどことなくぎこちない。リンク等をクリックしても次のページが現れるまでに間があるのだ。

Mac上の仮想マシンにWindows XPをインストールし、その上でFirefoxやInternet Explorerを走らせてみたところ、仮想マシンの方が格段に速いのでちょっと落ち込んでいた。

WEBで調べたところ、dolipoというフリーウェアでプロキシを自分のところに立てて、そこを経由してWEBにアクセスするように設定すると速度改善が見込めるとのこと。

早速ダウンロードして使ってみたところ、確かにMac OSX上のFirefoxの速度が、以前と比べてとても速くなった。Google Mapsで試すと、パッと地図が現れるので、その違いをはっきりと体感できる。

ところが、今度はVMware Fusion2で設置した仮想マシン上のブラウザの動きがおかしくなった。WEBにつながらないのである。

色々と調べて、Macとは別のIPアドレスを仮想マシン上に割り振ることで、繋がることは繋がるようになったものの、dolipo経由ではうまく繋がらないサイトも発生した。

Macでは速度改善を図ることができたものの、今度は仮想マシン上のWindowsでトラブル。難しいものだ。

カテゴリー: パソコン・ネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です