ニューシティコーポレーション

非上場会社なのでウォッチしてなかったが、昨年REIT初の破綻となったニューシティ・レジデンス投資法人のスポンサーでもあったニューシティコーポレーションが、清算するようだ。

金融庁のHPを見ると、金融庁が公益又は投資者保護のため、ニューシティコーポレーションに金商法に基づく報告をを求めたところ、2月末時点において債務超過に陥っており、今後の業務継続を断念し、金融商品取引業を廃止の上で、会社を清算するとしたとのこと。

株式会社ニューシティコーポレーションに対する行政処分について:金融庁

同社が自ら廃業を決断したのか、金融庁が引導を渡したのかは定かではない。

同社はその名前の通り、破綻した興銀系の日本新都市開発を母体として生まれた会社。日本以外にもソウルや上海、シンガポールなどにもオフィスを置き、かなり大々的に活動していた。

日本のオフィスは、足元までガラス張りの贅沢な泉ガーデンタワーにあったが、そこも撤退するのだろう。

泉ガーデンタワーからはコメルツに買収されたドレスナーも撤退するようなので、他人事ながら空室率、そしてその後の募集賃料の下げが心配である。

カテゴリー: 経済 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です